皮膚科|中央市の内科・消化器内・皮膚科|蕁麻疹・湿疹・アトピー性皮膚炎

トップページ»  美容皮膚科

美容皮膚科

美容皮膚科診療(自費診療)について

当院では、しみ、にきび、にきび痕、毛穴、小じわ、お肌のたるみが気になる方に、症状に応じてレーザー治療、院内製剤(トレチノイン、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体化粧水・美容液)トラネキサム酸やビタミンC誘導体導入などの美容皮膚科診療を行っております。(自費診療となります)
医師による医療レーザー脱毛も行っております。
またお肌のお悩みに合わせたお化粧品も各種取り扱っております。

 

医療レーザー脱毛(GentleMax:シネロン・キャンデラ社):施術はすべて女性医師(副院長)が行います

当院では2波長搭載レーザー脱毛用医療機器として米国FDAの承認を取得したシネロンキャンデラ社製 GentleMAX を使用しております。
このレーザーは、ロングパルスアレキサンドライトレーザーとロングパルスヤグレーザーという2種類の波長のレーザーを搭載しており、肌質や毛質によって使い分けることができます。
また皮膚冷却システムが備わっており、冷却ガスを吹き付けながらレーザーを照射することで熱傷のリスクを減らし、また痛みの軽減にも効果を発揮します。
レーザー脱毛の効果
毛周期に合わせて複数回の照射が必要です。
平均で4~6回前後の照射で8割程度の脱毛ができますが、効果には個人差があります。(男性のひげは10~20回程度必要となります。)
照射間隔
毛周期の関係でおよそ6週~8週間隔で施術を行います。(部位により異なります)
起こりうる副作用
熱傷/水疱形成/痂皮形成/色素沈着/瘢痕形成/紫斑/紅斑など
 

  1. 本医療機器は薬機法上の承認を得ていないものである。
  2. 本医療機器は薬機法で承認された医療機器ではないため医師の個人輸入により輸入した。
  3. 個人輸入において注意すべき医薬品等について詳しくはこちらをご覧ください。
  4. 国内承認医療機器の有無について
    同一の性能を有する他の国内承認医療機器あり(シネロンキャンデラ社 GentleMax Pro)
  5. 諸外国における安全性等に係る情報
    ①重大な副作用: 熱傷、瘢痕形成
    ②米国(FDA)承認年: 2006年
    ③海外使用数: 約 1100 台
    副作用報告等: 特に重篤な副作用報告はなし。

医療レーザー脱毛 料金表 (税抜き)

両わき
1-3回目    ¥5,000
4回目以降   ¥5,000
通院/治療回数の目安
6~8週間隔/4~6回程度

両下腿(膝、足背、足趾を含む)
1-3回目    ¥25,000
4回目以降   ¥15,000
通院/治療回数の目安
6~8週間隔/4~6回程度
 
両前腕(肘、手背、手指を含む)
1-3回目    ¥20,000 
4回目以降   ¥17,000
通院/治療回数の目安
6~8週間隔/4~6回程度
 
Vライン(女性のみ)
1-3回目    ¥5,000
4回目以降   ¥4,000
通院/治療回数の目安
6~8週間隔/4~6回程度
 
IラインまたはOライン(女性のみ)
1-3回目    ¥5,000
4回目以降   ¥5,000
通院/治療回数の目安
6~8週間隔/4~6回程度
 
うぶ毛 顔全体
1-3回目    ¥20,000
4回目以降   ¥15,000
通院/治療回数の目安
6~8週間隔/4~6回程度

うぶ毛 両頬部
1-3回目    ¥10,000
4回目以降   ¥8,000
通院/治療回数の目安
6~8週間隔/4~6回程度
 
ひげ 顔全体
1-5回目    ¥12,000
6回目以降   ¥7,000
通院/治療回数の目安
4~8週間隔/10~20回程度

その他の部位はお問い合わせください。

 

レーザーフェイシャル(GentleMax):施術はすべて女性医師(副院長)が行います

お肌のくすみ、きめ、はり、毛穴の開きが気になる方に
レーザーフェイシャルは、アレキサンドライトレーザーを顔全体に照射することで、肌質の改善を促すもたらす治療法です。ご希望によりビタミンC誘導体等の導入を併用します。
   
レーザーフェイシャルの効果

  1. シミ・ソバカス・くすみへの効果
    皮膚上層のメラニンに反応し、細かなシミ・ソバカス・くすみを改善します。また、古い角質を除去し肌のキメを整えます。
    ただしシミにはいろいろ種類があり、レーザー治療が適さない場合もあります。
  2. 真皮のコラーゲンを活性化させ、皮膚にハリを与える効果
    真皮に到達したレーザー光は、熱エネルギーに変換され、皮膚内で軽い炎症をおこすことで真皮コラーゲンの産生を促し、肌の内側からキメやハリを改善していきます。
  3. 顔のうぶ毛を脱毛する効果 産毛のメラニンにも反応するため、産毛の脱毛や毛穴の引きしめに効果があります。

起こりうる副作用
熱傷/水疱形成/痂皮形成/色素沈着/瘢痕形成/紫斑/紅斑など

リフトアップレーザー(GentleMax):施術はすべて女性医師(副院長)が行います

小じわ、お肌のたるみ、はり、ぼんやりとした赤みが気になる方に
お肌にシャワーを当てるような感覚の痛みのない治療法です。
機器は、GentleMAXのロングパルスヤグレーザーを使用します。ご希望によりビタミンC誘導体等の導入を併用します。

リフトアップレーザーの効果
肌の引き締め・肌にキメ・ハリ・小じわの改善
皮膚の深部まで到達したレーザー光は、熱エネルギーに変換され、皮膚内で軽い炎症をおこすことで真皮のコラーゲンの産生を促し、肌の内側からキメやハリを改善していきます。毛細血管にも反応するため、お肌の赤みも軽減します。
効果には個人差がありますが、月に1回の間隔で4-6回ほど治療を継続されることで、より高い効果を期待できます。

起こりうる副作用
熱傷/水疱形成/痂皮形成/色素沈着/瘢痕形成/紫斑/紅斑など

レーザーフェイシャル・リフトアップレーザー 料金表(税抜き)

レーザーフェイシャル 
顔全体    
1回   ¥20,000
両頬部    
1回   ¥10,000
鼻部       
1回   ¥5,000
通院/治療回数の目安
4週間隔/4~6回程度
 
リフトアップレーザー 
顔全体    
1回   ¥20,000
両頬部    
1回   ¥15,000
通院/治療回数の目安
4週間隔/4~6回程度
 
ビタミンC誘導体またはトラネキサム酸導入 併用時
1回   ¥3,000

 

院内製剤(トレチノイン、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体)

しみ、くすみ、小じわなどに対して自宅でできる外用治療です。レーザー治療は抵抗のある方におすすめです。毎日自宅で塗布することで、表皮のターンオーバーをうながしながら、しみ、くすみ、小ジワ、ニキビ跡などの改善をめざします。

トレチノイン(レチノイン酸)はビタミンA誘導体の一種で、米国ではしわ・にきびの治療医薬品として、FDAに認可されています。皮膚のターンオーバーを促進し、角層にたまったメラニンの排出を促します。またコラーゲンをつくる細胞を活性化し、皮膚の弾力を高めます。使用中に肌荒れ、赤みを感じることがありますが、徐々に慣れて落ち着くことがほとんどです。妊娠中の方、授乳中の方は使用出来ません。

ハイドロキノンはメラニンの産生をおさえ、メラノサイトの活動を弱めます。トレチノインと併用することで、しみの治療効果を高めます。使用中に赤みを生じることがあります。

ビタミンC誘導体は、メラニン合成阻害、皮脂分泌抑制、コラーゲン合成促進作用などがあります。ローションは主ににきびや、にきびあとの治療に、エッセンスはトレチノイン、ハイドロキノンと組み合わせて、しみ、しわの治療にもちいます。

外用剤 料金(税抜き)

トレチノイン(レチノイン酸)
0.05% 5g  ¥2,500
0.1%   5g  
¥3,000
通院/治療回数の目安

約1ヶ月に1度
起こりうる副作用
紅斑、落屑、刺激感
備考
ビタミンA誘導体の一種で、しみ、しわ、にきびの治療にもちいます。妊娠中または妊娠の可能性のある方は使用できません。

 ハイドロキノン(5%)
5g                ¥1,500
通院/治療回数の目安
約1ヶ月~2ヶ月に1度
起こりうる副作用
紅斑、刺激感
備考
メラニンの生成を抑制しメラノサイトの活性をおさえることで、しみ、そばかす、肝斑の治療にもちいます。
 
ビタミンC誘導体ローション
50ml            ¥3,000
ビタミン
C誘導体エッセンス
10g             ¥1,000
通院/治療回数の目安
約1ヶ月~2ヶ月に1度
起こりうる副作用
刺激感
備考
メラニン合成阻害、皮脂分泌抑制、コラーゲン合成促進作用があります。ローションは主ににきびや、にきびあとの治療に、エッセンスはしみ、しわの治療にもちいます。 

 

トラネキサム酸、ビタミンC誘導体 導入(資生堂NAVISION、常磐薬品の製品を使用しております)

くすみ、肝斑、にきび・ニキビ跡、毛穴などが気になる方に

トラネキサム酸導入
1回        ¥5,000
通院/治療回数の目安
2週~4週に1度
起こりうる副作用
刺激感、赤み

ビタミンC誘導体導入
1回       ¥5,000
通院/治療回数の目安
2週~4週に1度
起こりうる副作用
刺激感、赤み